学部生からのメッセージ

このゼミに決めたのは、プログラミングを基礎から学べるという点に魅力を感じたからです。 ゼミに入るまでプログラミングなどやったこともなく、授業で出される課題もかなり時間を費やして取り組みました。面倒だなと思うことは多々ありましたが、上手く意図した通りにプログラムが動くと何とも言えない達成感があり、やれば自分も出来るものなのだなという自信にも繋がりました(笑) これから、この古田ゼミに入ろうとする皆さんは今の私達とは違い、もうプログラミングを勉強する授業はなく、景観デザインを中心に学ぶ方針へとなったようですが何であれ、このゼミで頑張って取り組めたなと思えるようなことをして欲しいなと思います。

2016/10/6 4回生 矢木野瑞希

後輩へのメッセージ

僕がこのゼミを選んだのは、研究テーマに興味があったこともありますが、それ以上に、大学に入ってから真剣に勉強したことがあるかという先生のことばが大きかったと思います。  今でこそ大学院の博士課程まで進みましたが、ゼミに入った当初からそのようなことを考えていたわけではありません。ただ、もうすぐ卒業するからには、学生の間に本気で何かに取り組みたい!という気持ちで過ごしていました。なので、3回生のときは、ゼミの研究だけでなく、旅行や飲み会などさまざまな行事へ参加していました。  そのようなゼミでの活動の中で感じたことは、ゼミの先輩方は、誰かに言われたことをやっているのではなく、自分がやりたいことに取り組んでいるということでした。当然ながら、完全にやりたい放題というわけではありませんが、自分の知りたいことがあれば先輩方に相談にのっていただけましたし、先輩方もただ研究へ取り組むのではなく、ときには学年などは関係なく集まっておもいっきり遊ぶというように、自分次第で研究の知識を付けるだけでなく、人として成長できる環境だと思ったことが、今もこのゼミに在籍する理由の一つです。  古田ゼミは、「もっと成長したい!」、「大学生活を本気で楽しみたい!」という方には本当に適した環境だと思います。僕自身まだまだ勉強中の身ですが、古田ゼミでの活動の手助けができるよう力を尽くしたいですし、一緒に学生生活を楽しく過ごしたい!と思っています。

2010年11月24日 博士課程後期課程1年 石橋 健

関西大学総合情報学部を卒業すると学士(情報学)という学士号が授与されます.では情報学ってなんだろう??ということを頭の隅におきつつ研究をすすめてほしいと思います. 大学の授業とは違ってゼミは,自分でやることを決めるということが課題に取り組むという形式が主となります.アイデアを出す,予想を立てるといったこれまでにあまりやったことがないことに取り組むことになります. ゼミに入るときに必要なことは・・・別に数学もできなくてもよいしプログラミングできなくても大丈夫です,とはいっているのですが,できることにこしたことはないです.興味のある人はある人でSICPについて話したり,RESTのメリットってなんだろう??とか話をしてみたいです.ただ,それ以上にゼミ活動を続けていく上で必要なことは,自分でやることを決める,時間を守る,そしてできそうにないときは代替案を考えるということです.これは仕事をやっていく上でも必要なことです.(僕もなかなかできていません…)

2010年11月28日 博士課程後期課程3年 高橋亨輔