古田研究室では,新しい学部の特性をいかし、多岐にわたる研究活動を行っています。

関連キーワード 

ソフトコンピューティング,遺伝的アルゴリズム,免疫アルゴリズム,人工生命,人工知能,マルチエージェント,ユニバーサルデザイン,振動制御,維持管理計画,防災・復旧支援,景観設計支援,最適化,合意形成・・・|

維持管理計画

技術者向けの全方位パノラマを用いたE-Learningシステム教材の開発。バーチャルリアリテイを用いた橋梁目視点検の支援システム。

防災・復旧支援

アイトラッキングを用いた防災教育の評価。防災教育の実用性の観点から、被験者の目線を分析することで、防災教育が身についているかを研究する。

学習法

プログラミングを学ぶ際にどのような方法をとれば最も効率的に学習できるかを研究する。視覚障害者支援、意思決定、合意形成、ポストモダンへの提案などを行う。

景観デザイン

高槻駅北ペデストリアンデッキデザイン

高槻駅北ペデストリアンデッキデザイン

高槻駅北エリアのペデストリアンデッキを拡大し、市民の憩いの場、イベント空間としての役割を持たせる。高槻の「水と緑」をコンセプトにデザインしている。

高槻駅南〜高槻市駅都市計画

「人が集う、自然豊かな街」をコンセプトに、高槻駅南側から阪急高槻市駅にかけてを整備する計画。大きな道路を整備し、家族でも楽しめる街を意識した。

港の景観デザイン

夜景を楽しむことを目的にした港の景観デザイン。港の周辺地域を含め、広範なデザインを行い、港を中心とした賑わいや観光地としての役割を考慮した。